受験の前に字をきれいに書く練習をしないといけないなんて

スポンサードリンク

images034近年、デジタル化がどんどん進み、多くの企業、団体、そして個人がそのデジタル化に適応して生活しています。

特に企業など営利団体では全ての人に読みやすい文字で情報を発信したりしないといけないので、デジタル化というのは色々な面で利益があるでしょう。

少なくても、字が汚くて読みにくいとか、はっきりとしない文字のせいで正確に読んでもらえないという事はありません。

しかし、これだけデジタル化しても、まだまだ字が汚いと困る人達がいます。それは受験生でしょう。入学試験はもちろん、就職試験も字が汚いと不利な思いをする事が多いです。

また、資格試験もやはり字が汚いとやはり不利になりやすいです。試験が全てマークシートであれば問題がないですが、そうでない資格試験も多いです。

論文だけは手書きで書かないといけないような資格試験もあります

で、その時だけ字をきれいに書くようにしたらいいと考えている人もいるでしょう。

確かに、普段は字が汚くても生活に全く支障がなければ、字をきれいに書く練習をしようとはあまり思わないかもしれません。

忙しい日々の中、他にやる事があって、忘れてしまうかもしれません。

それでも、テストの時には何のプレッシャーもなく、その時だけ字をきれいに書く事が出来ろのでれば、特に問題はないでしょう。それでよいでしょう。

スポンサードリンク

images033しかし、テストの時に自分の場合は特に字をきれいに書く必要があると思う事が、プレッシャーに繋がってしまうのであれば、それはとても勿体無いことです。

字が汚いために実力を発揮できないような事があれば、それはとても残念な事です。

実際に、論文をかいている時など、字をきれいに書くという事を意識し過ぎて、手に力が入ってしまい、シャープの芯をばきばきと折ってばかりいたりなどする事などはありがちです。

それではかえって汚い字になったり、手に力が入りすぎているので、書く速度がかなり落ちてしまう事もあるでしょう。

そして、このような、自分の汚い字が原因で受験が上手くいかなくなるような事があれば、本当に残念で勿体無いです。

ですから、受験の間際に慌てて字をきれいに書く練習をしなくてもいいようにしておきたいものです。

ちなみに、自分の字はすごくきれいではなくても、読み間違えられたりする事は滅多にないという事を自覚するだけで、かなり自信がつくものです。

そうすると、受験の時に字をきれいに書かないといけないという事を意識しなくても済みます。試験そのものに力を注げます。

そして、人によっては学校を卒業した後も色々な資格試験に挑戦したりするでしょう。そのような事を考えると、

受験の前になって、慌てて字をきれいに書く練習をしないといけないような状態にならないようにしておいたほうが得策です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>