高さ・傾き・行間をそろえることで数字をきれいに書くコツ

スポンサードリンク

images003現在となっては数字を書く機会が多い人と、あまりない人に大きく分かれる間もしれません。

特に今はパソコンやスマートフォンや携帯などがあります。ですから、手書きで文字を書くよりも、それらを使ったほうがはやかったり、きれいだったりします。

しまいには簡単に計算をしてくれます。ですから、人によっては、数字はあまり書かない人もいるかもしれません。

しかし、これから学生や色々な資格試験に挑戦しようとしている人、これから就職をして、その仕事で人前で文字を書く事が考えられる人などはこの数字はきれいに書けるようになっておいたほうがお得でしょう。

他人が読みやすいという字を書けなければ、色々不利益があるでしょう。

では数字をうまく書くコツを挙げてみましょう

■数字の高さを揃える

高さがバラバラですと、汚く見えます。例えば、人によっては3と6を書く時に、6を縦長に書く人がいます。3よりもかなり縦に長くなってしまうという事です。

スポンサードリンク

それでも、きれいに見える場合もあると言えばあります。が。文字コンプレックスのある人が、これから奇麗な字を書く練習をはじめようとする場合は高さを揃えましょう。

最初はとにかく基本に近い字を練習したほうがよいでしょう。それが、まず簡単に字をうまく書くコツとなります。

■数字の傾きを揃える

大人が書く数字としては少し右に傾いている字のほうがよいでしょう。そして、細長い感じに書くほうがよいでしょう。若い人ですと、全く傾いていない、丸い感じの数字が好きな人も多いでしょう。ふっくらしたまるい感じの数字はとても優しい感じがします。しかも、かたちが整っていれば、読みににくいという事もないでしょう。

しかし、ある程度の年齢になって、文字をきれいに書きたい、数字をきれいに書きたいと思っている人がこれから練習をするのであれば、右に少し傾いた、縦長の数字のほうがよいでしょう。洗練された大人の字という感じがするでしょう。

■文字と文字の間の間隔を揃える

この文字と文字との間を揃えるというのは数字だけに限った事ではありません。これは全ての字をうまく書くコツとなります。間隔が全然空いていない文字はどんなに一文字一文字が美しく、きれいであっても、読みやすくはありません。

このようなちょっとした字をうまく書くコツを頭の片隅に入れておき、数字を書く時に意識して書くという事を繰り返せば、数字は結構きれいになりやすいでしょう。たった10種類ですから、頑張ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>