【時間のとれない社会人にオススメ】1週間で綺麗な字を書く為の3つの方法

スポンサードリンク

何とか1週間くらいで字を綺麗に書くようになれる方法はないだろうかと思ったりする事もあるでしょう。

その理由こそ人それぞれ違うでしょうけれど、とにかく、手っ取り早く何とか見た目のいい文字を書けるようになりたいと思うのは決して珍しい事ではありません。 では本当に、生まれたからずっと、もう何十年も汚くて損をしてきた字が綺麗になるのかというと、1週間あれば程度の差こそあれ、綺麗にはできます。

基本的な事を練習し、ほんの3つの事だけを心がけると字を綺麗に書くようになる事は可能です。 ではその3つの方法とは

■常に誰かに読んで貰う事を意識して、丁寧に書く

images021あたり前の事のようですが、しかし、普段、ちょっとメモする時にも丁寧に書こうと思って書く人はあまりいないでしょう。

基本的に人に見せないものであれば、自分が読めればいいと考えるほうが普通です。

しかし、普段のメモこそ丁寧に書いてみましょう。その時、色々な年齢の人10人くらいにそのメモの文字を見せて、全員が間違う事がなく、一瞬で読めるであろうというくらい丁寧な文字を書いてみましょう。

短文でいいのです。「いつもお世話になっています」くらいの短文で充分です。

この、誰にでも読んで貰えるように字を綺麗に書くというのはとても良い練習になるのです。

基本的に字を綺麗に書く練習には人に読んでもらいたい、思いを伝えたい、という気持ちが強くあっほうがよいのです。

スポンサードリンク

■縦の線はまっすぐに

images023 縦の線というのはその人なりの癖が出やすいのです。

例えば、ちょっとだけ「く」の字のように曲がる癖があったり、どちらかに傾く癖があったりする人が割りといます。

それでも、字が汚く見えない人もいたりするのですが、現時点で字が汚くて直そうとしている人の場合はとにかく真っ直ぐに書くように心がけましょう。

とりあえず、迷いを捨てて基本通りに練習するのが、1週間で字を綺麗に書くようになるコツです。

また、このまっすぐの線はバランス的にあまり短いと綺麗には見えにくいので、気を付けましょう。

■横線は少し右上がりに

images022線は右上がりが綺麗に見えやすいですし、多くの人には見慣れた形なので、安心感があります。

ですから、ちょっと右上がりに書くように心がけましょう。 ちなみに、まっすぐでも、極端な話し右下がりでも、字の綺麗な人はいるものです。

こういう文字が綺麗にみえるというのはきっとすべての文字の角度が揃っているのでしょう。ですから、癖はあるけれど、汚い感じはしないという感じでなのでしょう。

しかし、これから字を綺麗に書く練習を始める人は右上がりがよいです。そして、横線の角度を統一しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>