要チェック!きれいな字を書く為に筆圧と文字の大きさとペンとの相性

スポンサードリンク

DSC_2522美文字になりたいと切実に思っている人はまず現状をチェックしてみましょう。

そして、自分の欠点をしっかりと認識しましょう。

そうする事で、改善すべき点がわかります。より、効果的に、そしてはやく奇麗な字を書けるようになるでしょう。

ではどのような事をチェックするかというと。

  ■筆圧

筆圧は強すぎても弱すぎても奇麗な字はなかなか書きにくいものです。奇麗な字を書けない人はこの筆圧が適切でない人が多いです。

ちなみに、自分の筆圧が強いか弱いかという事は多くの人がある程度の年齢になったら気がついているでしょう。特に、学校に行っている間なら、わかりやすいでしょう。

とてもわかりやすいのですが、筆圧の強い人はシャープペンシルならば、書いている最中に芯をボキボキよく折るでしょう。

そして、手に余計な力が入っているので、書く速度はあまり速いほうではないでしょう。そして、字も滑らかさに欠けるでしょう。

カクカクとしたぎこちない字を書く人が多いかもしれません。少し手の力を抜いて、リラックスして書くようにしたらよいでしょう。

その反対に筆圧の弱い人は薄くて、弱々しい字を書く人が多いでしょう。それで、字が奇麗じゃない場合、他の人からはかなり読みにくい文字となってしまいます。ですから、大きくはっきりと書くようにしたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

ところで、筆圧が適切でない人はペンの持ち方も適切でない人がとても多いです。もちろん、学生くらいですと、自分のペンの持ち方が標準に近いかそうでないかはわかっている人が多いでしょう。

これは億劫と感じるかもしれませんが、直してしまったほうが得策です。その後の人生にずっと役に立つ事です。

ちょっと頑張って直しましょう。すると、筆圧も適切になる事が多いです。この筆圧を適切にするというのはとても大切な、字をきれいに書くコツです。

■文字の大きさ

字が奇麗な部類には入らない、あるいは明らかに字は汚いと自分で思っている人の場合は文字の大きさに注意しましょう

奇麗な字ですと、多少小さくても問題なく読める事が多いでしょう。

しかし、字が汚い人の場合にはただでさえ読みにくいのに、字が小さいとよけいに読みにくくなってしまいます。

ですから、字が汚い人はとにかく他人から見て少しでも読みやすくなるように、あまり小さい字は書かないようにしましょう。

そして、文字と文字の間隔が等間隔でちゃんと空いているかを確認しましょう。

■ペンとの相性

自分が持ちやすいと感じるペン、自分の文字がきれいに見えるペンを探しましょう。これはもう自分で使ってみるしかありません。

100円くらいでかなり性能の良い日本製のペンが選べるのですから、是非、色々使ってみて自分に最適な物を見つけましょう。

このようなちょっとした事をチェックし、文字を書く時に気を付けるのが字をきれいに書くコツです。ちょっとした心がで、文字というのはかなりきれいになるものです。是非、チェックしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>