字が綺麗に見える人の文字は小さめかも!?

スポンサードリンク

ひとくちにきれいな字と言っても、その字にはそれぞれ個性があります。きれいさがそれぞれ全然違うのです。

ある人の字は一文字一文字がとても丁寧で見本のようなきれいさだと思えば、別の人の字は一文字一文字を抜き出して見るときれいではないのに、全体として見ると、とても整っているきれいさだったりします。

またある人の字はいかにも若い人達の書くような癖のある字だけれど、それでもきれいに見えたりします。

このように、きれいさというのはある種、芸術のようなところがあり、評価がかなり分かれるかもしれません。

好き嫌いというのがかなり関係しているのでしょう。それでも、多くの人が見て、汚いとは感じない字というのははやっぱりあるものです。

そして、字が綺麗に見える人の文字は小さめだと感じた事がある人がいるでしょう。決して読みにくいほど小さいというのではなく、小さめだと感じる程度の小ささです。それでいて、とても読みやすいのです。

不思議な気がします。そして、そこに字をきれいに書くコツが隠れているのかもしれません。

images026で、その人の書く文字をよく見てみると、さほど綺麗な文字でもないのですが、文字と文字との間隔がしっかしと空いている事が多いのです。

小さめの文字をぎっしりと詰めて書いているというわけではないのです。だから、読みやすいのでしょう。

スポンサードリンク

それに、文字にあまり極端なくせがなかったりする場合も多いようです。

そして、この文字と文字との間隔がしっかりと空いていて、文字にあまり極端なくせがないという事が字をきれいに書くコツと言っても良いでしょう。

 

実際に文字そのものはとてもきれいなのに、文字と文字との間隔が全然と言ってもいいほどに空いていなければ、決して読みやすくはないのです。

圧迫感を感じてしまうかもしれません。これはせっかく書いている文字そのものはとてもきれいなのだから、とても残念なパターンと言えるでしょう。

もちろん、文字を書き入れるスペースと文字との割合にもよります。書き入れるスペースが小さいのに、たくさん文字を書かないといけない場合などはスペースはあまり作れないでしょう。

例えば、住所がやたらと長い人が、履歴書にその住所を書く時などは充分なスペースなどは取れないでしょうし、必然的に小さな文字になってしまいます。

ちなみに、このパターンは履歴書をきれいに書くのが難しいでしょうから、工夫しましょう。

尚、小さめの文字がきれいに見えるのが字をきれいに書くコツであるのならば、これからは字を小さく目に書いていこうというのではなく、

文字と文字の間のスペースをきちんと空けるようにしようという意識で書いたほうが良いでしょう。

ちなみに、文字があまりきれいじゃない人が小さな文字を書くと、余計に読みにくくなってしまう場合もあります。

ですから、無理に字を小さく書くようにしようとはしないほうがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>